サイトで性欲MAXの人妻と出会った体験談

見た目に自信もなく既婚子持ちという不良物件である私が、サイトでで簡単に会えて“都合のいい関係”を手に入れた体験談です。

私のスペック。関西在住の35歳サラリーマン。結婚6年目で子どもかひとり。それなりの生活をして、それなりに満足していた、それなりのサラリーマン。ただひとつ不満だったのが、セックスレスであるということ。子どもが出来てからは自慰と風俗で自らの性欲を満たしていたわけです。

学生時代から遊んでなかったわけではないが、結婚して子どもも出来て、
「今さら彼女とかセフレとか出来っこない」などと思い込んでいました。

そんなある日、勢いでとりあえず出会い系サイト登録してみました。
その時は性欲の鬼と化していたのて、ページを開いていろいろと検索ページを覗き見します。いろいろと誘惑的なタイトルが並び、どんどん覗いて見たくなるわけですが、こういうサイトはポイント制で、女の子のページを覗いたらポイントが減ることは何と無く知っていましたので、これという女の子だけをチョイスして見てみることに。
驚いたのは、これだけ会いたがってる女の子がいるということ。この中から気になる女の子3人にメッセージを送ることにしました。
それぞれ返信が来ましたが、その中でも目を惹く返事だったのが30歳の女性。プロフィールをもう一度覗いてみると、顔とスタイルの良さがわかる写メ、家庭でいろいろ不満があり溜まってることなどがわかり、妙に親近感が湧いてきて。

ちなみに話していて判明した彼女のスペック。
33歳女性、関西在住、既婚で子どもがひとり。私の家と同じで夫婦仲は悪くはないものの、セックスレスで刺激のない暮らし。趣味はドライブ、でもペーパーで助手席専門。こんなところです。
サイトに書いてあったスペックと少し違う部分もありましたが、その辺りはご愛嬌です。

その後サイトでやりとりした他の女性も言ってましたが、既婚女性がサイトで相手を探す理由は「まだまだ恋愛していたい」「平凡な暮らしに飽きてときめきたい」と言ったところでしょうか。サイトをやっていない女性でも同じことを思っている既婚女性は多いのかもしれませんね。

それはさておき、さてどうして誘おうか?と考えていると、向こうからデートのお誘いが。見た目に自信のない私はいきなりで大丈夫かと聞いたわけですが、「顔写真でなんとなく雰囲気分かって、メッセージでしゃべってたら会いたくなった」だそう。やはり顔写真を登録しておくのは大事かもしれません。
というわけで、日を設定してドライブを提案。趣味がドライブと言っていた彼女はすぐにOK。

そして初めて会う日の朝。ある駅のロータリーで待ち合わせ。その日の服装と車を伝えて車の前で待っていると、つばの長い帽子をかぶった清楚な女性がこちらへ。

「◯◯さんですか?」
「は、はい!」

あまりに清楚だったのでちょっとたじろいでしまった私。細身ではないもののスタイルもよく、顔も中の上はあると思います。少なくとも出会い系をやっている女性のイメージとは全然違って驚きました。
車に乗り込んでドライブ。子育ての悩み、旦那の悩み、近所付き合いやママ友との付き合いの悩み、などなど。これだけ悩みが多いと、精神的にも疲れるのも頷けます。そして旦那や家庭を頼れない以上、他に拠り所を求める気持ちも。聞き役に徹していた私との距離が縮まるのに時間はかかりませんでした。
会話が途切れた時、私は彼女の手を取りました。そして赤信号で止まった瞬間に…

いきなり彼女が唇を重ねてきたのです。

私は驚きましたが、ふと我に返ったんです。
「そうだ、セックスがしたかったんだ」と。(笑)

すっかり下心を忘れてしまってた私は何となく車を走らせていましたが、もうこうなっては理性のカケラもありません。無言のままラブホテルに直行することに。
到着し車を降りて彼女の手を引くと、無言で寄り添ってくる彼女。少し汗ばんだ手と切なげでも満たされたような表情が、これから起こることを心待ちにしているようでした。

部屋に入るとすぐに私は彼女を抱き寄せキスをし、舌を入れました。激しく舌を絡ませ合い、深く求めてくる清楚な見た目の彼女。そのギャップに更に興奮を高めた私は首周りに唇を移し、胸を愛撫。徐々に声を洩らし始めた彼女もスイッチが入ったのか、私の息子をズボンの上から強く触りはじめました。もうすでに最高潮の私の息子を欲しがるように、強く、いやらしく触り続けました。
立ったまま愛撫を続け、服を脱がせ、彼女の胸が露わになりました。少し型くずれして、黒ずんで大きめの乳首。胸の大きさとアンバランスな乳輪。子育てを経た彼女の過程を感じ、不倫の愛を再認識させます。
胸を吸おうとすると、それを遮るように私のズボンを下ろし、パンツを剥ぎ取り、息子にしゃぶりつきます。決して上手いわけではありませんでしたが、一心不乱にしゃぶりつくその姿が愛おしく、頭を撫でて、時に頭を掴んで喉の奥に突き刺し、オーラルセックスを楽しみました。

そしてセックスに没頭すること3時間ほど。心まで満たされた私たち腹がホテルを後にしました。
帰りの車の中でもま物足りなかったのか、私のズボンをまさぐり触れてきます。結局公園のトイレで4回目。世の中こんな女性もいるんだなと感心した1日でした。

ちなみに彼女とは今もパートナーとして月に1回楽しんでいます。

こんな感じで出会い系ってマジで股ゆる人妻と熟女が多いすよね♪

詳しくは公式サイトがあるのでこちら
人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

ワクワクドキドキですね♪