中年の出会い系サイトで始めて見初めた熟女の方と体感、

実は、男性にとっても女性にとっても異性の憧れというのは永遠の課題ですよね。 でも「私なんかはもう既に若くないの、だから・・」と、そう思って日々の男女の出会いを諦めている人も多いのではないでしょうか・・?。 でも、勇気を持って人生を楽しんでいる人たちも多いのも事実ですし、年齢を経ても恋愛や再婚、其れにセフレのようなことは自然の行いであり年齢には関係は無いと思うのです。 

此のような方のために○○メールとか、○○の会というような中年以上を対象にした出会い系サイトも有るようなのです。 そして、筆者自身も此のような事情でもって初めて出会い系を体験してみたのです。 ほぼ1ヶ月ほど経って、やっとお目当ての女性に会うことが出来たのです。 勿論、目的は願わくば再婚でしたが、当面は友人とかセフレということでした。

先ず、お相手を求めるために○○メールのテンプレートに記入するわけですが、其の中には最低必要な個人情報の他に、趣味や特技、休日の過ごし方まで、テンプレの項目がプロフが一杯用意されていて、それに対して任意にいろいろ書くようになります。 勿論、テンプレは最低必要項目だけ書けばいいのであって、いらなかったら未記入にしたり、消したり、一部削除したりすることもできます。

始めの内は全く反応がありませんでしたが、次第に怪しげなメールが入るようになり、「ハハーーン、何か臭うな・・!」、などと感じるものもありました。 しかし、しばらく経つ内に、知らぬ内に真面目そうな、控えめなメールが入るようになったのです。 何回かやりとりしている内に写メを交換するようになり、こうなると最終目的のお互いが逢う段になります。

ただ、ネット上で出会った女性と初めて会う場合は、何処にするか、どうするのがよいのか思案するところです。 やはり相手は初対面の女性ですから、初めから夜にすることはチョット避けたがると思います。 そこで、女性の所在地の中間の駅前にあるファミレスで昼間ということにしました。

現れた女性は写真で見るより若そうな感じでしたが、勿論、私同様の年代の元人妻、熟女の方でしたが、細やかなワンピースのよく似合う女性でした。 初めはチョット気まずい様子でしたが、お酒等が入るに従ってお互いが打ち解け逢うことが出来ました。
勿論、初めのうちは友人関係のおつきあいということでしたが、何回かのデートの時にお互いセフレという内心の目的も当然ありましたので、其のことを問合せると彼女は素直に頷いたのです。 そして、其の後は納得の上でラブホに向かうときも有ったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です