サイトで性欲MAXの人妻と出会った体験談

見た目に自信もなく既婚子持ちという不良物件である私が、サイトでで簡単に会えて“都合のいい関係”を手に入れた体験談です。

私のスペック。関西在住の35歳サラリーマン。結婚6年目で子どもかひとり。それなりの生活をして、それなりに満足していた、それなりのサラリーマン。ただひとつ不満だったのが、セックスレスであるということ。子どもが出来てからは自慰と風俗で自らの性欲を満たしていたわけです。

学生時代から遊んでなかったわけではないが、結婚して子どもも出来て、
「今さら彼女とかセフレとか出来っこない」などと思い込んでいました。

そんなある日、勢いでとりあえず出会い系サイト登録してみました。
その時は性欲の鬼と化していたのて、ページを開いていろいろと検索ページを覗き見します。いろいろと誘惑的なタイトルが並び、どんどん覗いて見たくなるわけですが、こういうサイトはポイント制で、女の子のページを覗いたらポイントが減ることは何と無く知っていましたので、これという女の子だけをチョイスして見てみることに。
驚いたのは、これだけ会いたがってる女の子がいるということ。この中から気になる女の子3人にメッセージを送ることにしました。
それぞれ返信が来ましたが、その中でも目を惹く返事だったのが30歳の女性。プロフィールをもう一度覗いてみると、顔とスタイルの良さがわかる写メ、家庭でいろいろ不満があり溜まってることなどがわかり、妙に親近感が湧いてきて。

ちなみに話していて判明した彼女のスペック。
33歳女性、関西在住、既婚で子どもがひとり。私の家と同じで夫婦仲は悪くはないものの、セックスレスで刺激のない暮らし。趣味はドライブ、でもペーパーで助手席専門。こんなところです。
サイトに書いてあったスペックと少し違う部分もありましたが、その辺りはご愛嬌です。

その後サイトでやりとりした他の女性も言ってましたが、既婚女性がサイトで相手を探す理由は「まだまだ恋愛していたい」「平凡な暮らしに飽きてときめきたい」と言ったところでしょうか。サイトをやっていない女性でも同じことを思っている既婚女性は多いのかもしれませんね。

それはさておき、さてどうして誘おうか?と考えていると、向こうからデートのお誘いが。見た目に自信のない私はいきなりで大丈夫かと聞いたわけですが、「顔写真でなんとなく雰囲気分かって、メッセージでしゃべってたら会いたくなった」だそう。やはり顔写真を登録しておくのは大事かもしれません。
というわけで、日を設定してドライブを提案。趣味がドライブと言っていた彼女はすぐにOK。

そして初めて会う日の朝。ある駅のロータリーで待ち合わせ。その日の服装と車を伝えて車の前で待っていると、つばの長い帽子をかぶった清楚な女性がこちらへ。

「◯◯さんですか?」
「は、はい!」

あまりに清楚だったのでちょっとたじろいでしまった私。細身ではないもののスタイルもよく、顔も中の上はあると思います。少なくとも出会い系をやっている女性のイメージとは全然違って驚きました。
車に乗り込んでドライブ。子育ての悩み、旦那の悩み、近所付き合いやママ友との付き合いの悩み、などなど。これだけ悩みが多いと、精神的にも疲れるのも頷けます。そして旦那や家庭を頼れない以上、他に拠り所を求める気持ちも。聞き役に徹していた私との距離が縮まるのに時間はかかりませんでした。
会話が途切れた時、私は彼女の手を取りました。そして赤信号で止まった瞬間に…

いきなり彼女が唇を重ねてきたのです。

私は驚きましたが、ふと我に返ったんです。
「そうだ、セックスがしたかったんだ」と。(笑)

すっかり下心を忘れてしまってた私は何となく車を走らせていましたが、もうこうなっては理性のカケラもありません。無言のままラブホテルに直行することに。
到着し車を降りて彼女の手を引くと、無言で寄り添ってくる彼女。少し汗ばんだ手と切なげでも満たされたような表情が、これから起こることを心待ちにしているようでした。

部屋に入るとすぐに私は彼女を抱き寄せキスをし、舌を入れました。激しく舌を絡ませ合い、深く求めてくる清楚な見た目の彼女。そのギャップに更に興奮を高めた私は首周りに唇を移し、胸を愛撫。徐々に声を洩らし始めた彼女もスイッチが入ったのか、私の息子をズボンの上から強く触りはじめました。もうすでに最高潮の私の息子を欲しがるように、強く、いやらしく触り続けました。
立ったまま愛撫を続け、服を脱がせ、彼女の胸が露わになりました。少し型くずれして、黒ずんで大きめの乳首。胸の大きさとアンバランスな乳輪。子育てを経た彼女の過程を感じ、不倫の愛を再認識させます。
胸を吸おうとすると、それを遮るように私のズボンを下ろし、パンツを剥ぎ取り、息子にしゃぶりつきます。決して上手いわけではありませんでしたが、一心不乱にしゃぶりつくその姿が愛おしく、頭を撫でて、時に頭を掴んで喉の奥に突き刺し、オーラルセックスを楽しみました。

そしてセックスに没頭すること3時間ほど。心まで満たされた私たち腹がホテルを後にしました。
帰りの車の中でもま物足りなかったのか、私のズボンをまさぐり触れてきます。結局公園のトイレで4回目。世の中こんな女性もいるんだなと感心した1日でした。

ちなみに彼女とは今もパートナーとして月に1回楽しんでいます。

こんな感じで出会い系ってマジで股ゆる人妻と熟女が多いすよね♪

詳しくは公式サイトがあるのでこちら
人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

ワクワクドキドキですね♪

看護師との夜

5年ほど前ですが、色々と出会い系サイトを物色していたら、奈良に住む42才の看護師が目に止まりました。
「はじめましてぇ~」っと軽い挨拶から絡んでみるとグイグイと絡んできました!
何歳ですか?何処に住んでるんですか?何されてる方ですか?
質問ラッシュに少し引き気味ではあったのですが、プロフ画像は細身でなかなかの美人な感じだったので、負けじと
ホントに42才ですか?結婚はされてるんですか?仕事は忙しいんですか?
色々と質問したところ、バツイチで子供はなし。仕事柄、不定期な為、夜が寂しくて寝れないとの事。
その後も数日掛けて話をしていると、当然下ネタにも会話が弾み、かなり疼いてきたようで今すぐにでも逢いたいと、彼女の方から言ってきました。
それではと、その日は都合が悪く、後日会う約束をしました。
当日、黒のワンピースで来ると言っていた彼女を探すのに時間は掛からなかった。
なにせ、美人!キレイな人だなぁ~っと、見ていると、黒いワンピース!
正直、ビンゴ‼っと思いました。
芸能人で言うと、佐◯◯希と、本仮屋なんちゃらを足して2で割った感じ!
かなりの美人で美白!
興奮冷めやらぬなか、
軽く挨拶を交わして、居酒屋で少し飲み、下らない話をして、いざ、ホテルへ。
ホテルに着くなり、お風呂に入りたいと言ってきた!
1人で?2人で?
恥ずかしそうに、…2人で…いい?
もちろん!と口から出そうだったが、冷静とダンディを装い、いいよ。
っと軽く返事をして、お互いの服を脱がせました。シャワーを浴びると、俺の体をキレイにしてあげるといい、隅々までアワアワいっぱいにして、素手でごしごし!その手が股間にまで伸びると、こちらも我慢の限界!
抱き上げてアワアワのまま抱き合いキスをしました。
そのままシャワーでアワアワを洗いなかしながら、1度目の行為を浴室でしました。
ベッドルームへ行き、ビールを飲みながら一休みしていると、彼女がモジモジしていたので、どうしたの?って、
訪ねると、いきなりあんなことしちゃって、引いちゃったんじゃないかと思って、急に恥ずかしくなってきた。
…なんて可愛らしい事を言う42才なんだ!
全く引かないし、めっちゃ嬉しかったよって、言うと、
良かった。といい、抱きついてきました。
かわいすぎて、即第2ラウンド!
お互い、下着のみのだったが、彼女の下着があまりにエロスを極めていたので、ブラずらしの、Tバッグ着衣のままずらして行為をしました。
彼女は久しく行為をしていなかったらしく、何度も逝ってました。
今日はずっと一緒に居れる?っと彼女。
答えは、イエスしかないでしょう!
翌日、昼前にホテルを出たが、計5ラウンドまで行為を行い、お互いのヘトヘトだが、スッキリした顔で別れました。
その後、数回逢ったが、色々と忙しくなり、自然に疎遠になってしまいました。
今思うともったいないなぁ~って、思います。

出合い系サイトで品の良い人妻さんと不倫してしまいました

40前半の男性なんですけど、若い時分に結婚していたので既に、二人の子供たちも大きくなって大学も卒業して社会人となって独立して家からも出ていったしまいました。 そんなカミさんと二人だけの生活の中でちょっとしたことは起こってしまったのです。 そうなんです、実はカミさんが実家の親が病気持ちとなって看護の為に暫く里帰りしてしまったのです。 勿論、離婚ではなく暫くの間の別居生活になったのですが、そんなことで、暫くのあいだは独り身で気楽な生活でしたが、チョットしたキッカケで女っ気が欲しくなり、冗談のつもりで出会い系サイトを覗いてみましたのです。 

登録してから何回か自己紹介などの掲示板やメール試しているうちに、真剣そうな女性による反応が有ったので、こちらも更に真面目に返信しました。
ところで、普通に云われているように、出会い系サイトト言うと意外とサクラの部類が多いとか、実際には会わずじまいでソレッキリの人も多いと聞きます。 しかし、そんな懸念をよそに小生は、何と一寸色っぽいような人妻さんと出会えて、都合のいい事に逢瀬を楽しみながら不倫をしてしまったのです。

メールのやり取りの中で一番安心させたのは、彼女が小生の写メールを見たいといっってきたので、真面目男の写真を送付、そしたら信用されたらしく、デートOKのメールが届いたのです。 初めての、しかも不倫相手とあうので、何処にしようかと迷ったのですけど、勝手知ったる渋谷の駅前のコーヒー店にしました。 そして、彼女は無事に、本当に、実際に目の前にあらわれたのです、

その彼女、顔かたちは10人並でしたが、ワンピース姿の細型の身体のラインがとっても素適だったのです。 その後、品の良い居酒屋でお酒を戴きながら、軽く食事をし、そして、男の小生から「これから初めてのお楽しみをしたいが、大丈夫でしょうか」と、自然なままの会話でそれとなく聞いてみました。 彼女は既に気持ちも決しているらしく素直に首を縦に振ったのです。 そして、かって女房殿とデートの後に楽しんだホテルへと誘ったのです。

部屋に入るなり、二人は深いキスをしながらベットへ倒れこんだのです。 女の身体のラインは外目でみるより丸味を帯びていいて肉感を漂わせていて、胸のあたりも巨乳の部類に入りプリンと締まった感じで、如何にも熟女ぶりが弾けているのです。 
腰部の周りも大きくくびれていて、全体の肌色はピンクに染まり熟れきって熱く火照っているのがわかるのでした。 

出会い系サイトで32歳の人妻と激しく体を求め合って気持ち良くなれました

仕事が休みで特に予定もなかったので何をしようか考えていました。それでスマホをいじっていたら出会い系サイトの広告があったので女性遊びでもしてみるかという気持ちになりました。それで出会い系サイトに登録して掲示板にを閲覧していきました。午前中だと女性の投稿も少ないかなと思っていたらそんな事もありませんでした。午前中は人妻が暇をしている時間帯なので掲示板も多くの人妻が投稿していました。それで32歳の人妻でこれから大人の出会いで会える人募集という投稿を発見しました。プロフィールを見てみると住んでいる地域も近くでしたのでとりあえずメッセージを送ってみました。

メッセージを送ってから5分以内でメッセージありがとうという返信が来ました。それで今から大人の出会いで会いたいという事で家に来ませんかと誘われました。もちろんOKでしたので人妻が住んでいる団地の中の公園まで自転車で行く事になりました。それで自転車で人妻が住んでいる団地の中の公園に行ったらタイトスカートを履いた女性がベンチに座っていて待っていました。声をかけてみるとやり取りしていた人妻でした。プロフィールでは32歳の人妻になっていましたが、25歳ぐらいに見えたので驚きました。それで人妻が住んでいる部屋まで案内されました。

人妻の部屋に案内されたらすぐに抱きついてきました。それでキスをして人妻の方から積極的に舌を絡めてきました。舌の絡め方が激しかったのですごく興奮してしまい完全にスイッチが入りました。それでソファーの上になだれ込んでお互い激しく体を求め合いました。人妻もかなり興奮していて大きな喘ぎ声を恥じらいもなく出していました。お互い体を舐め合って刺激し合ったら最後に正常位で人妻を激しく突きまくりました。人妻がすごく気持ち良さそうに感じてくれて中で出していいよと言ってきたのでそのまま中出ししてしまいました。

人妻と激しいエッチをした後はすごく汗をかいたのでシャワーを浴びさせてもらいました。シャワーを浴びた後は人妻と缶ビールを飲みながら楽しく会話をしました。人妻は夫とあまり上手くいっていなかったみたいでご無沙汰の状態だという事でした。それですごく欲求不満になって出会い系サイトで大人の出会いを求めてみたという事でした。最近ではご無沙汰している人妻も多いみたいで出会い系サイトで女性遊びをする時は人妻が狙い目だと思いました。特に掲示板に投稿している人妻はオススメだと思います。

20個上の人妻と繋がる事が出来た出会い系サイトでのエピソード

女性のタイプとして聞かれる時に必ず人妻と答えていた私ですが、社会人になり人妻との出会いが欲しいと感じて出会いサイトを利用する事にしました。

彼女が欲しいという気持ちではなく、人妻とのいけない関係にとても興味がありました。普通に生活しているだけでは、人妻との出会いもなく、人妻にこだわりすぎていたという事もありましたが、恋愛経験も少なかった事、優しくリードされたいと感じて出会い系サイトの利用を決めました。

出会い系サイトと聞いて最初は躊躇して悩んだ時間もありましたが、手っ取り早く出会える方法として意を決して初めて意味ました。大手の出会い系サイトに登録して、気になる大人の女性にメッセージを送り続けました。通勤や休憩時間など時間が空いた時には、連絡をしたり来ていないかのチェックを欠かさずに多くの人妻に連絡をしていました。

なかなか返信がない場合が多かったのですが、1か月ほど続けていると一人の人妻と頻繁に連絡を出来るようになりました。わたしより20個上であり、人妻熟女でしたが、写真で見るかぎり私好みの見た目で、写真では若い印象を受けました。

3ヶ月程連絡をして、実際に会う事になりました。時間をかけて信頼関係を築いていきましたが、実際に会うときには感じたことのない緊張感でした。偶然にも住んでいる場所もそこまで遠くなかった事もあり、簡単に会う事が出来ました。

実際に待ち合わせにきた人妻は、写真よりも妖艶な姿で、とても好みの女性でした。人妻と軽く自己紹介を済ませて、飲みに行くことになりましたが、最初はお互い緊張していましたがメールでのやり取りの期間も長い事からすぐに仲良くなることが出来ました。居酒屋で二人で楽しい時間を過ごしていましたが、帰りの間際にその女性に手を握られて誘われました。

女性経験が少ない事からどうすればよいか分からなくなってしまいましたが、人妻にリードされてホテルに行きました。私自身は会ってはじめましてで、その日に行為をすることは考えられない夢のような話でしたが、実際に人妻にリードされて魅力的な夜を過ごすことが出来ました。

その日はそこに泊まり、朝方そのまま仕事に行きましたが、余韻が数日間残るほどに濃厚で甘美な体験でした。

その人妻とは2ヶ月に1回ほどで定期的に会う仲として関係は続けていますが、出会い系サイトで他の人妻と関係を持ちたいという気持ちで継続的に出会い系サイトはまだ続けています。

中年の出会い系サイトで始めて見初めた熟女の方と体感、

実は、男性にとっても女性にとっても異性の憧れというのは永遠の課題ですよね。 でも「私なんかはもう既に若くないの、だから・・」と、そう思って日々の男女の出会いを諦めている人も多いのではないでしょうか・・?。 でも、勇気を持って人生を楽しんでいる人たちも多いのも事実ですし、年齢を経ても恋愛や再婚、其れにセフレのようなことは自然の行いであり年齢には関係は無いと思うのです。 

此のような方のために○○メールとか、○○の会というような中年以上を対象にした出会い系サイトも有るようなのです。 そして、筆者自身も此のような事情でもって初めて出会い系を体験してみたのです。 ほぼ1ヶ月ほど経って、やっとお目当ての女性に会うことが出来たのです。 勿論、目的は願わくば再婚でしたが、当面は友人とかセフレということでした。

先ず、お相手を求めるために○○メールのテンプレートに記入するわけですが、其の中には最低必要な個人情報の他に、趣味や特技、休日の過ごし方まで、テンプレの項目がプロフが一杯用意されていて、それに対して任意にいろいろ書くようになります。 勿論、テンプレは最低必要項目だけ書けばいいのであって、いらなかったら未記入にしたり、消したり、一部削除したりすることもできます。

始めの内は全く反応がありませんでしたが、次第に怪しげなメールが入るようになり、「ハハーーン、何か臭うな・・!」、などと感じるものもありました。 しかし、しばらく経つ内に、知らぬ内に真面目そうな、控えめなメールが入るようになったのです。 何回かやりとりしている内に写メを交換するようになり、こうなると最終目的のお互いが逢う段になります。

ただ、ネット上で出会った女性と初めて会う場合は、何処にするか、どうするのがよいのか思案するところです。 やはり相手は初対面の女性ですから、初めから夜にすることはチョット避けたがると思います。 そこで、女性の所在地の中間の駅前にあるファミレスで昼間ということにしました。

現れた女性は写真で見るより若そうな感じでしたが、勿論、私同様の年代の元人妻、熟女の方でしたが、細やかなワンピースのよく似合う女性でした。 初めはチョット気まずい様子でしたが、お酒等が入るに従ってお互いが打ち解け逢うことが出来ました。
勿論、初めのうちは友人関係のおつきあいということでしたが、何回かのデートの時にお互いセフレという内心の目的も当然ありましたので、其のことを問合せると彼女は素直に頷いたのです。 そして、其の後は納得の上でラブホに向かうときも有ったのです。